スバルWRX購入記!WRX値引きレポート 横浜村さん

インプレッサ

 

契約日
2016年9月22日
ネーム 年齢 性別
横浜村/50代半ば/男性
商談地
滋賀県
購入グレード

インプレッサ 1.6i

メーカー
オプション

--

ディーラー
オプション
他装備付属品

ベースキット
カーゴマット
ETCキット
iPodケーブル
VICSユニット

オプション総額
127,872円
車庫証明
計上
納車費用
カット
車両本体価格
からの値引き額
130,000円
オプションからの
値引き額
--
無料サービス品名

ガソリン満タンサービス

5,000円

 

値引き合計額
135,000円
購入総額
(下取り分含まず)
1,790,962円
下取り車

トヨタ マークⅡ 1996年式 白

下取り車の価格
100,000円
下取り車の売却先
ディーラー 
値引き交渉レポート!

スバルのショールーム。
夏も過ぎてだいぶ涼しくなってきた今日、20年乗った愛車をついに乗り換えることにしました。


1円足りとも価値などないだろうと思っていましたが、担当してくれた営業さんは5万円の価値をつけてくれました。きっと気持ちと値引きがのっているのでしょうが、それでも価値を付けてくれただけで嬉しかったのです。


前に訪れた日産では、はっきり0円と言われましたので。
次に乗る車はインプレッサにしました。


故障とかなければ、きっとまた20年近く乗ることでしょう。
値段も大事だけど長く乗るから車は何度も見て、確認しました。ちゃんと納得して買いたかったのです。


「もうインプレッサに決めようと思います」
そう伝えると、営業さんはにっこり笑いました。


「ありがとうございます」


「ただもう少しだけ、頑張って頂けたら嬉しいのですが。私達もお金がそんなにあるわけではないので、やはり安いにこしたことはないですからね」


ある程度の値引きは頂いていますが、きっとすごくしてもらっているほどまでは、いっていないと思います。
そこまで値引き値引きにこだわって商談してきたわけではありませんので。
営業さんはそっと頷きました。


「分かりました。もうこれで決めて頂ける、インプレッサに乗って頂けるということであれば、さらに頑張らせて頂きたいと思います」


「はい。もう買うことは決めているので、あとは営業さんのお心次第ですよ」


私は笑ってそう言いました。嘘ではありません。本当にもう買うことは決めています。営業さんがあと少しでも頑張ってくれたら、サインするだけです。


営業さんはしばらく席を離しますと言って、事務所に下がっていきました。
あとは営業さんがいい提案をしてくれることを望むだけです。


しばらくして営業さんは戻ってきました。
先ほど出していた見積書をテーブルの上に出します。内容はさきほどと変わってないようです。


私は営業さんを見つめました。
「考えたのですが」
営業さんが話し出します。私は黙って頷きました。


「値引きすることよりも、○○様がこれで乗り換えたいって思ってもらうにはどうしたらいいかと考えました」
そこで言葉を切って、私を見ました。


「○○様の愛車を、さらに価値を付けさせて頂きたいと思います」
「そ、そう言いますと?」


「下取りを5万円と言っていましたが、さらに価値を高めさせて頂きたいと思います。下取り10万円とさせて頂きます。どうでしょうか?」


なかなかの営業さんです。
私の心を響かせるには値引きよりも。愛車の価値を高めるほうがいいと気付いたのでしょう。


もちろん私の心は決まりました。初めから決まっていましたが、決定的になりました。
この営業さんからインプレッサを買おうと。


「ありがとうございます。ぜひインプレッサにさせてもらいます」
「ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします」


そうして晴れて、インプレッサ契約となりました。本当に素晴らしい買い物ができました。

 

こちらも参考に!かんたんインプレッサ値引き交渉術!

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2006-2018 スバル インプレッサを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com