スバル インプレッサ モデルチェンジ推移2014年8月25日-1

*以下スバルニュースリリースより

 

--------------------------

 

 

スバル 新型「WRX S4」を発表

 


富士重工業は、新型「WRX S4」を本日発表、発売します。

「WRX S4」は、『スバル最高峰のAWDスポーツパフォーマンス』を有しながら、『独自の総合安全性能』、『優れた環境性能』、『洗練された質感』を実現したスポーツセダンです。

 

コアバリューであるAWDスポーツパフォーマンスを中心に、これら4つの価値を高次元で融合することで、より多くのドライバーが圧倒的な走行性能を安心して快適に愉しむことができるという、新しい価値を具現化しました。車名の「S4」には、上記4つの価値を表す“Sports performance"、“Safety performance"、“Smartdriving"、“Sophisticated feel"の意味を込めました。

 

その走行性能の核となるエンジンには、「2.0ℓ ハイパフォーマンス“DIT"」を採用し、スポーツリニアトロニックとの組み合わせにより、高出力・高トルク*1の圧倒的な動力性能を最大限引き出し、ダイレクト感あるスポーティで愉しいドライビングを提供するとともに、優れた環境性能*2も実現します。

 

さらに、WRXシリーズとして初搭載となるスバル独自の運転支援システム「EyeSight(ver.3)」を含めた総合安全性能と、ボディ・シャシー性能の徹底的な向上により実現した上質な乗り味により、大幅な運転負荷軽減を実現し、安心で快適なドライブをサポートします。

*1:221kW(300PS)/5600rpm、400N・m(40.8kgf・m)/2000-4800rpm
*2:全車エコカー減税(環境対応車普及促進税制)対象。自動車取得税60%軽減、重量税50%軽減。


スバル WRX S4「2.0GT-S EyeSight」

【商品の主な特長】

■商品コンセプト

『Pure Power in Your Control』
WRX S4の開発においては、新型WRXシリーズ共通の商品コンセプト「Pure Power in Your Control」を具現化した圧倒的な走行性能をより多くのドライバーが気軽に愉しむことのできる、スバルの新しいスポーツセダン像を追求してきました。スポーツ性能を中心として、安全性能や環境性能、上質な乗り心地など、全てのドライバーが享受することができる価値を高次元で融合させることで、ハイパフォーマンスカーでありながら、乗り手を選ばない万能型スポーツセダンを完成させました。

 

■メカニズム
<シャシー&ボディ>

水平対向ターボエンジンを核とするシンメトリカルAWDがもたらす絶対的な速さを意のままに操るために、シャシーとボディの性能を徹底的に強化しました。
•ボディとサスペンション各部の剛性を高め、サスペンションジオメトリーの最適化を図ることでドライバーのステアリング操作への車両の反応を素早くするとともに、コーナリングの限界性能を高めました。これに加え、マルチモードVDC、アクティブトルクベクタリングの採用により、意のままに操る愉しさを更に向上させました。
•徹底的な走り込みによるサスペンションチューニングを実施し、フラットで快適な質感の高い乗り心地を実現しました。
•電動パワーステアリングを採用し、燃費性能を向上するとともに、ステアリングギヤボックスの取り付け剛性を高め、ダイレクトな操舵フィーリングを提供します。
•WRXシリーズとして初めて電動パーキングブレーキを採用し、利便性を高めました。

 

<エンジン>

ハイパワーと環境性能を両立するため、新時代のハイパフォーマンスユニットである2.0ℓ水平対向直噴ターボ“DIT"エンジンを搭載しました。
•221kW(300PS)/5600rpmの高出力と、400N・m(40.8kgf・m)/2000-4800rpmの高トルクを発揮しながら、13.2km/ℓ*3(JC08モード)の燃費性能を実現しました。

 

<トランスミッション>

従来型の高トルク対応リニアトロニックに対して大幅に変速レスポンスを向上し、よりスポーティな走りを実現するスポーツリニアトロニックを設定しました。優れた環境性能とともに、本格的なスポーツドライビングの愉しさをより多くのドライバーへ提供します。

─スポーツリニアトロニック─

•優れた出力/トルク性能と環境性能を併せ持つ2.0ℓ水平対向直噴ターボ“DIT"エンジンのポテンシャルを最大限に引き出すとともに、イージー&エコドライビングを可能にします。
•Dレンジでの走行において、「SI-DRIVE」により、「スポーツ#(S#)」モードを選択すると、8段のステップ変速へ切り替わります。リニアトロニックが持つ滑らかな変速モードだけでなく、圧倒的な出力性能をダイレクトに味わえるモードを選択できることで、よりスポーティな走りを愉しめます。

*3:国土交通省審査値

 

燃料消費率は定められた試験条件のもとでの数値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

 

■安全

スバルが掲げる「ALL–AROUND SAFETY」の安全思想に則り、安全分野におけるすべての性能向上を図りました。

<予防安全>

•より広角かつ遠方まで捕捉し、カラー認識も実現した先進安全機能を大幅に進化させた、EyeSight(ver.3)*4を搭載。操舵支援機能であるアクティブレーンキープをはじめ、AT誤後進抑制、ブレーキランプ認識制御などの新機能、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールの性能向上により、最先端の予防安全技術を提供します。

 

<アクティブセーフティ>

•シンメトリカルAWDを基本とし、ボディの軽量化、剛性向上、VDCを含めたシャシー性能の強化により、クラストップの優れた危険回避性能を実現し、あらゆるシーンで安心して走りが愉しめるようにしました。

 

<パッシブセーフティ>

•高張力鋼板採用拡大及び、各ストラクチャーとの結合部の強化により、軽量化を図りながらも、高強度のボディを実現させ、前面、側面、後方といった全方位からの衝突に対し、世界トップレベルの優れた安全性を実現しました。
•フロントフード及びバルクヘッドにおいては、衝撃吸収構造を積極的に採用すると共に、エンジンルーム側に衝撃吸収部材を設定することで、歩行者保護性能を高めました。

*4:道路状況および天候状態、車両状態等によって、性能が発揮できないことがあります。

 

■パッケージ

歴代のWRXが提供してきた、4ドアセダンとしての実用性をさらに向上させ、ハイパフォーマンスとの両立により、WRXならではの個性を一層高めました。
•ホイールベースを25mm延長し、その全てを後席足元スペース拡大に使いました。また、全幅を変えることなく、肩、肘周りの空間にゆとりを持たせました。
•Aピラー下端を200mm前に出し、ドアミラーをフロントドアパネルに取り付けることで、パーテーションガラスを新たに設定するとともに、インストルメントパネルとドア窓肩部の高さを抑えました。これにより、良好な視界と流麗なスタイリングを両立しました。
•フロント、リヤともにドア開口寸法を拡大することにより、乗降性を大幅に高めました。
•トランクスペースを拡大するとともに、大きな開口部を有する6:4分割可倒式トランクスルー機能の採用により、トランクスペースの使いやすさを高めました。

 

■デザイン
<エクステリア>

スバルの走りのフラッグシップモデルにふさわしい、アグレッシブかつ洗練されたスタイリングにより、AWDパフォーマンスカーとしての存在感を表現しました。
•フロントデザインは、スバルの統一デザインモチーフであるヘキサゴングリルから始まるダイナミックで立体感ある造形を、ノーズコーンを採用することで構築しました。精悍な形状の新開発ホークアイヘッドランプと合わせ、WRXらしいアグレッシブな「ワイド & ロー」スタイリングを実現しました。
•サイドデザインは、Aピラー下端を従来型比で200mm前に出すとともに、Cピラーをスムーズにトランク面へ繋げることで、流麗なシルエットを実現しました。フロントフェンダーダクト、シャープな造形の専用サイドシルスポイラーにより、WRX S4のスポーツ性能を表現しています。
•リヤデザインは、ディフューザー一体型バンパーやツインデュアルタイプのテールパイプにより、WRX S4の重心の低さや高い走行性能を強調することで、パフォーマンスモデルとしての魅力を更に高めました。専用開発したリヤコンビランプを薄型の造形とすることで、車両のワイド感を強調しています。また、小型リヤスポイラーの採用により、空力性能の向上も果たしています。
•シャークフィンアンテナの採用により、ボディと一体感のある、より洗練されたスタイリングを実現しました。
•剛性強化と軽量化を両立した18インチアルミホイールを新規開発しました。
•ヘッドランプ(ロービーム、クリアランスランプ)*5、テール&ストップランプ、ハイマウントストップランプの光源にLEDを採用し、省電力化による燃費向上を図りました。
•外装色については、WRブルー・パールとクリスタルホワイト・パールをWRXシリーズに初採用しました。

*5:メーカー装着オプション

 

<インテリア>

ハイパフォーマンスカーとしての表現にこだわり、ドライバーがWRX S4のドアを開けた瞬間に、気持ちを高揚させるコクピットをデザインしました。
•ステアリングには、スポーティな印象を高めるDシェイプステアリングを初採用。小径、かつ握りやすさを追求したグリップ形状とすることで、操作性と握りこんだ際の手応えを向上し、走りへの期待感を高めました。
•レッドステッチを施したレザー調のシフトブーツを採用。周囲にピアノブラック調仕上げと金属調アクセントをあしらいスポーティさと上質感を表現しました。
•シートは、ハイパフォーマンスカーにふさわしい、ホールド性に優れたデザインとしました。
•インテリアの各所や操作部を中心に、スポーツカーを象徴するカーボン調加飾パネルや金属調アクセントを配置し、高い質感を実現するとともに、走りを想起させる空間に仕立てました。
•メーターには、2眼水平指針レイアウト+3.5インチフルカラー液晶やアルミ調シルバーリングを採用し、機能性と質感を向上させるとともに、細部までの造り込みによりハイパフォーマンスカーとしての精緻感と性能を表現しました。また、赤を基調とした照明によりパフォーマンスカーの走りのイメージを訴求し、白色の指針とのコントラストにより視認性を高めています。
•マルチファンクションディスプレイには、走りの象徴として、ブースト圧表示画面を設定しました。
•ルーフからフロアまで黒で統一し、室内全体を引き締め、ドライバーが運転に集中できる空間を演出しています。乗員が触れる機会の多い箇所には、感触の良いソフト素材を採用し、室内の質感を高めています。
•WRXの走りを想起させる色として赤をステッチやメーターの随所に用いました。


【販売計画】

月販 400台


・価格(消費税込み)

 

3,348,000-3,564,000円

 



PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2006-2018 スバル インプレッサを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com