インプレッサスポーツTOPインプレッサスポーツ評価>インプレッサの内装

インプレッサの内装画像多数あり!小物入れや収納、質感を徹底評価!

 

管理人の愛車でもあるインプレッサスポーツ1.6i-Lアイサイト4WDの内装を徹底紹介します。

 

インパネやダッシュボード、ドア内張、センターコンソールなどの内装の質感や、小物入れや収納の使い勝手など、豊富な画像で評価しています。

 

 

インプレッサスポーツ1.6i-Lのインパネ周りの内装です。

 

落ち着いたブラック基調の内装色で一見地味に見えますが、所々シルバー加飾されているので、スポーティな印象もあります。

 

 

運転席ドアの内張りです。納車後すぐに撮影したので、保護フィルムが付いたままです。貧乏臭くてすいません(笑)。

 

ドアレバー付近のパネルはカーボン柄の加飾がされています。ドアトリムはトリコットですが、見た目の質感は低くありません。

 

 

インプレッサスポーツ1.6はカーボン柄の加飾ですが、2..0になると、縁が金属調のダークシルバー塗装となり、高級感がアップします。

 

 

ドアスイッチパネルです。各スイッチの配置はオーソドックスで、操作に迷う事はありません。ただ、リアのガラスも車内の換気等で便利なので、オート開閉機能付きが良かったですね。

 

 

ドアインナーハンドルはメッキ加工されていて、質感を保っています。

 

 

インプレッサスポーツのインパネ回りです。

 

1.6i-Lは、2.0モデルに比べてシルバーステッチやシフトブーツ、金属調のダークシルバー加飾が無いので、比較すると高級感に欠けるかもしれませんが、1.6の内装単体で見れば、十分に質感の高い内装と言えます。

 

 

インプレッサの天井に設置されたルームランプです。LEDに交換したくなりますね・・

 

 

インプレッサのマップランプです。やっぱりLEDに交換したくなりますね(笑)

 

 

インプレッサのナビ画面です。ディーラーオプションで内装デザインに一体感があり、スバル専用に開発されたパナソニックの8インチメモリーナビをディーラーオプションで付けています。

 

見た目は専用デザインのため、メーカーオプションナビのように一体感があります。ナノイーとピアノブラックパネルがおしゃれですね。

 

マルチファンクションディスプレイと連動して、様々な情報を表示しますが、標識や制限速度、この先カーブがあります、などのナレーションが、結構うっとうしかもしれません。。

 

設定出来るので、不要な情報は表示させないようにしています。

 

 

インプレッサスポーツのインパネメーターです。2眼式で中央にマルチインフォメーションディスプレイを備えています。

 

表示はとても見やすく、不満はありません。

 

 

インパネ中央にあるマルチファンクションディスプレイです。豊富な情報が表示され、正直全て活用していません(笑)。

 

燃費の画面は良く見ますが、この画面が必要な状況になるのは、年に1回あるか無いかでしょう・・・

 

 

インプレッサのステアリング周りです。メーカーオプションの本革巻きステアリングとセレクトレバーが選択されています。本革ですがトヨタ車のようなしっとりとした感じではなく、固く表面がサラサラしています。

 

良く言えば握り応えがあります。試乗の時にあまりに固かったのでセールスさんに「ウレタンですか?」と聞いたくらいです・・

 

見た目は本革ステアリングで質感も高いのですが、握り心地は他メーカーの方が個人的には好みです。

 

 

アイサイトの操作スイッチです。追従クルーズコントロールはアイサイトver2のアウトバック(2011年式)よりも自然で、高速道路ではとても楽ちんです。

 

 

ステアリング左側には、オーディオのコントロールボタンと、マルチファンクションディスプレイのセレクトボタン(INFO)が付いています。操作しやすく、慣れればブラインドタッチも問題なく出来そうです。

 

 

マルチファンクションディスプレイの表示画面を切り替えたり、各項目の設定変更が出来るスイッチです。

 

 

奥がウインカーレバー、手前がパドルシフトです。

 

ウインカーはワンタッチ機能付きで、軽く1度操作するとウインカーが3回点灯します。車線変更などで便利ですね。

 

ライトはオートライト付きで、AUTOに合わせておけば夜間やトンネルで自動点灯してくれて、消し忘れも無く便利です。

 

 

左側のワイパースイッチです。雨滴感知式なので、雨が降ってくるとセンサーで感知して自動でワイパーが作動します。

 

 

運転席側のエアコン吹き出し口です。つまみのメッキ加飾があるのと無いのとでは、インパネ回りの質感に意外と差が出る部分でしょう。

 

 

インパネ右側のスイッチ類です。ステアリング連動ヘッドランプ(SRH)のオフボタンがあります。アドバンスドセーフティパッケージを付けたら、これも付いて来ました。

 

ステアリング連動も良いですが、ウインカーで点灯するコーナリングランプの方が手前を明るく照らしてくれるので、老眼が始まった自分としてはそれも欲しいです・・・

 

 

スマートキーもメーカーオプションで付いてきたので、エンジンスタートはプッシュ式のスターターボタンになります。

 

 

運転席右下の開閉式のコインポケットです。

 

コインとか、コイン・・・以外何を入れるか思いつきません。ライターとか指輪とか??

 

 

ボンネットオープナーです。オーソドックスに右下にレバーがあります。

 

 

運転席側のフロア右側に、ガソリン給油口のオープナーがあります。給油口は右側です。

 

 

運転席シートのレバー式リフレクターです。

 

上が背もたれの角度調整、下が座面の高さ調整用です。

 

 

運転席側ドアのスピーカーです。

 

 

運転席側のドアポケットです。ボトルホルダー付きでペットボトルやA4サイズの雑誌が入ります。

 

 

ドアをグリップです。ここにも何か収納できそうですが、ドアを開閉するたびに暴れるので、仮のごみ置き場で使っています。ガムやお菓子の包装紙とか・・・

 

 

ドアグリップとしての用途もありますが、手前側はアームレストでもあります。合皮でソフトパッドのため肘を置いても痛くありません。

 

 

ドアの内張り上部はソフトパッドでは無く樹脂素材ですが、見た目の質感は悪くありません。1600ccの車とは思えない位の良い質感が出ていると思います。

 

 

カーボン柄がスポーティです。

 

 

電気式のパーキングブレーキです。坂道でも下がらないヒルホールド機能が付いています。ヒルホールドはスイッチでオンオフが出来ます。

 

 

インプレッサスポーツ1.6i-Lのシフトレバーとシフトパネルです。

 

1.6だとシフトレバーはウレタンですが、メーカーオプションで本革巻きとなっています。2.0になるとシフトブーツが付いて、シフトパネルはピアノブラック加飾パネルとなります。比べると質感の差を感じますが、単体で見れば1.6のシフトパネルでも悪くありません。

 

 

小物入れスペース奥には、USB接続やDC5V電源が付いています。

 

 

パナソニックナビのオープニング画面です。

 

 

インプレッサスポーツ1.6のエアコン操作スイッチです。オートエアコンですが、左右独立の温度設定機能は付きません。エアコンの設定温度や吹き出し口の表示は、上部のマルチファンクションディスプレイに表示されます。

 

 

 

 

シフトレバー奥には、スマホや財布などが置ける使い勝手の良い小物入れスペース(センタートレイ)があります。2.0になると、センタートレイの両脇にシルバーステッチが付いた表皮が加飾されます。

 

 

シフトレバー手前には、運転席と助手席用のドリンクホルダーがあります。ここには何かとドリンク以外の物を置きがちなので、インパネ左右にもそれぞれドリンクホルダーがあると、有難いですね。

 

 

運転席・助手席のセンターアームレストです。合皮で柔らかい感触なので、リラックスして肘が置けます。

 

 

アームレストの蓋を開けると、収納スペースになっています。まずまずの容量があります。薄型のティッシュボックスなら、斜めになりますが収納できます。

 

 

運転席側のアシストグリップです。乗り降りではあまり使いませんが、運転中にたまに握ったりして、気分転換出来ます(笑)

 

 

運転席側のサンバイザーです。駐車券等、カード類を収納できます。

 

 

バニティミラー付きですが、1.6には照明が付きません。2.0になると証明付きとなります。

 

 

前席のマップランプ下には、車線逸脱警報やプリクラッシュブレーキをOFFにするスイッチが付いてます。

 

 

インプレッサのルームミラーです。

 

 

助手席側のインパネ回りです。カーボン柄の加飾パネルがスポーティで質感をアップさせています。

 

 

助手席側のエアコン吹き出し口です。

 

 

助手席のグローブボックスです。

 

 

車検証や分厚い取扱説明書、整備記録書などが収まり、容量は多い方です。

 

 

助手席側のアッパートリムです。ステッチが入っていて質感が高いですね。2.0になるとシルバーステッチとなり、さらに高級感がアップします。

 

 

素材は柔らかく弾力があり、質感は悪くありません。ゴムっぽい感触があるので、毛羽だったクロスで拭くと、ほこりが付きそうです。

 

 

助手席側から見たセンターコンソール付近のダブルステッチと、エアコン吹き出し口のシルバー加飾です。

 

 

助手席側のダッシュボードの質感です。オーソドックスにシボ加工され質感を出しています。

 

 

運転席側のメーター上部のトリムです。こちらも指で押すと凹むほどの弾力がありますが、やはりゴムっぽい感触なので、布製のクロスで拭くとホコリが付いてしまうでしょう。

 

 

インプレッサのメーターフードです。縁はピアノブラック加飾が施されています。

 

 

ここにもダブルステッチが入り、質感の高さを感じます。

 

 

メーターフード上部のダッシュボード素材です。ホコリが溜まりやすい部分なので、ゴムのようなベト付くコーティングではなく、さらっとクロスで拭けるような素材を採用して欲しかったですね。

 

メーターフード周りのダッシュボードです。マルチファンクションディスプレイのフードの素材は、ダッシュボードとは異なります。

 

 

運転席から見た助手席側のインパネ回りです。

 

 

ダブルステッチがインパネの質感を引き上げてますが、やはり2.0モデルに採用されているシルバーステッチの方が高級感はありますね。

 

 

助手席側のダッシュボードです。弾力のある素材で質感は悪くありません。

 

 

運転席側のツイーターカバーです。

 

 

助手席側のツイーターカバーです。

 

 

パナソニックのビルトインナビにはナノイーが付いています。

 

 

シフト周りのにスイッチ類が集中されています。特に使い難い部分はありません。

 

 

インプレッサスポーツのフロアマットです。純正品ではなく社外品を購入しました。

 

 

薄いですが、必要十分です。純正品だと30,780円ですが、楽天市場でトランクマットを付けても1万円以下で購入できます。1万4千円位出せば、厚みもあって豊富な色から選べます。

 

 

インプレッサのアクセルべダル+ブレーキペダルです。左足を置けるフットレストは角度が合っていて良い具合です。

 

 

インプレッサ1.6i-Lのシートです。適度なクッションで、今のところロングドライブでも疲労感は少ないです。

 

 

1.6i-Lのシート表皮です。色味は正直地味です。

 

 

インプレッサスポーツ1.6のシート表皮はトリコットです。表面はゴワゴワした感触で若干固めで少々安っぽい印象ですが、クッションは固すぎず柔らかすぎずで、良い感じです。2.0だとトリコット+ファブリック生地となるので、座面・背面のシート表皮は柔らかい感触です。

 

 

助手席のシートリフレクターです。背もたれの角度調整が出来ます。

 

 

リヤドア内張です。使われている素材や配色はフロントのドアと同じです。

 

 

カーボン柄のドアハンドルパネルとメッキハンドルです。

 

 

ウインドウスイッチです。スイッチ先端にはツヤのあるハイグロスブラックの加飾付きです。

 

 

ドアグリップの形状もフロントドアと同形状です。

 

 

リヤドアにもボトルホルダーとドアポケットが付いています。

 

 

リヤドアのスピーカーです。

 

 

インプレッサスポーツの後部座席の足元スペースです。大人が乗っても十分なスペースが確保されています。

 

 

インプレッサスポーツ1.6i-Lの後部座席です。クッションの厚みもあって、座り心地は良好です。

 

 

前席アームレスト下の収納スペースを確保しているためか、後ろ側には何かを付けるスペースもなく、特に何もありません。

 

 

後席のハンドグリップです。左右にコートフックが付いています。

 

 

前席のシートベルトは、上下に高さ調整が出来ます。

 

 

後席中央のアームレストです。

 

 

後席アームレストを展開すれば、2個分のドリンクホルダーが確保できます。

 

 

インプレッサスポーツのカーゴルームです。十分な容量が確保され、高さがほど良いので、荷物の積み下ろしも無理ない姿勢で楽に出来ます。

 

 

カーゴルームランプです。夜間にランプがあると荷物を探す時や、積み下ろしの際にとても便利です。

 

 

インプレッサスポーツのリヤハッチドアです。ミニバンと違ってリアハッチを開けてもそれほど高さが無いので、軽い力で開け閉めできます。女性でも手が届くのではないでしょうか。

 

 

下取り車があるならインプレッサが安く買える

 

インプレッサスポーツを買うなら、購入価格も気になる所ではないでしょうか。

 

もし下取り車があるなら、インプレッサの新車値引き以上に、総支払額を下げる事も出来ます。

 

やり方は非常にかんたんなので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は信用してはいけない??

 

新車を買うとき下取り車があれば、多くのユーザーはディーラーで査定してもらうでしょう。

 

管理人も以前フィットシャトルを買い替えた時は、ディーラーで査定してもらいました。

 

ここで注意したいのは、「ディーラーの下取り金額は安く見積もられている」と言う事です。

 

なぜ安く見積もられるかと言うと、下取り車を安く取れれば新車の値引き分を回収できて、ディーラーには損がありません。

 

また、後々下取り金額をアップさせて「○○万円上乗せしたので、決めて下さい!」と新車契約のセールストークに利用したりします。

 

このように下取り金額を安く見積もる事があるので、初回のディーラーの下取り金額は話し半分に受け取っておきましょう。

 

 

ディーラーの下取り金額を適正相場まで引き上げる

 

ディーラーの下取り金額を引き上げるのは、難しくありません。

 

以前ディーラーに査定してもらった、管理人のフィットシャトルは76万円でした。

 

ここで、ディーラー以外に買取店の査定も検討しました。ディーラーの下取り金額が適正かどうか判断するためです。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算価格を教えてくれます。

 

 

査定

 

管理人のフィットシャトルは、ディーラーの76万円より20万円も高い相場でした。

 

ここで再度ディーラーへ訪問して、「買取店は96万円が相場と言ってましたよ?」と営業さんに伝えてみました。

 

営業さんは一瞬驚いた顔を見せましたが、すぐに奥へ引っ込み、上司と相談して出してきた新たな条件は、「今回は特別に買取店さんの96万円に合わせます」と言うものでした。

 

ただ、査定サイトで表示された概算価格をディーラーへ伝えただけで、20万円の下取り金額のアップに成功しました。

 

やはりディーラーは下取り金額を安く見積もる事があるんだなと、思いましたね・・・

 

 

ディーラーより高かった買取店の査定

 

下取り金額が20万円アップして、値引きも良かったのでそのままディーラーで契約をしました。

 

ただ、査定サイトで申し込んだ買取店の査定が残っていたので、「もしかしたら買取店へ売るかもしれません」とディーラーに伝えて了承してもらいました。

 

こうしておけば、ディーラーか買取店のどちらか高い方に売る事が出来ます。

 

新車契約の時に申し出れば、まず承諾してくれるでしょう。管理人は何度もやっていますが、断られたことはありません。

 

そして、納車前に買取店に査定してもらった結果は、さらにディーラーの下取り金額を上回るものでした。

 

その時の契約書です。

 

 

 

ディーラーの96万円よりさらに12万円高い108万円で買い取ってもらいました。

 

もし最初の76万円でディーラーに売っていたら、32万円も損したことになります。

 

買取店の査定を検討してホントに良かったと思いましたね。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

メーカー・車種・年式など1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算価格が表示されます。

 

「早く自分の車の相場を知りたい方」「ディーラーの下取り金額と比較したい方」にはお勧めのサービスです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

インプレッサスポーツの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのインプレッサスポーツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がインプレッサスポーツを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のインプレッサスポーツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>インプレッサスポーツ値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2006-2018 スバル インプレッサを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com