インプレッサスポーツTOPインプレッサスポーツ評価>インプレッサスポーツの走り

インプレッサスポーツの走りは?限界走行をサーキットで試してみた

 

2017年3月に購入したインプレッサスポーツ1.6i-L アイサイトAWDに乗って早半年が経ちました。

 

納車直後はダンパーが微妙に固く、乗り心地はピョコピョコ小刻みに跳ねる感じでしたが、1000キロも走れば馴染んできたのか跳ねる感じは無くなり、しっかりと路面に追従する乗り心地になってきました。

 

ただ、一般道や高速道路、山道のカーブ等ではエンジンパワーやコーナリング性能には特別不満はありませんが、限界走行が可能なサーキットではどうなのか?インプレッサスポーツ1.6で試してきました!

 

 

公道でのインプレッサスポーツ1.6i-L アイサイトの走りは?

 

 

インプレッサスポーツに試乗して、他車に比べてその乗り味の質感の高さに感動して、シエンタやフリード、ノートe-POWER、スイフトなどあらゆる候補を押しのけて、3月に購入しました。

 

オーナーになってからは、納車直後のピョコピョコ小刻みに跳ねる感じの乗り心地に閉口しましたが、距離が進むにつれ各部が馴染んで来たのか、不快な跳ねは消えました。

 

乗り心地は、路面の段差やうねりをしなやかにいなす、までは行きませんがフワフワする事もなく、大きめのギャップを乗り越えてもフラットな姿勢を保とうとします。

 

山道や高速道路で大きく旋回するJCTなどではロールも抑えられ、若干タイヤが心もとないですが、大きな不満はありませんでした。

 

 

インプレッサスポーツ1.6i-L アイサイトのエンジンパワーは?

 

 

インプレッサスポーツを購入する時は、2000ccか1600ccかで迷いましたが、予算の都合上1600ccにしました。

 

しかし1600ccのFFに試乗すると、2.0i-S AWDの乗り味に比べ安っぽさを感じてしまいました。

 

そこで今度は1600ccAWDを試乗したところ、2.0i-S AWDと同等の走りの質感だったので、若干予算オーバーでしたが、1.6のAWDを購入しました。

 

ただ、1.6はやはりトルクが薄く、街中では力不足を感じる場面が多々あります。

 

特にエアコンONでの街乗りでは、あまりアクセルを踏み込まない微妙なアクセル操作の時に、エンジンの回転が付いて来ず、ギクシャクした加速になる事があります。

 

1.6のAWDだったら、対して価格が変わらない2.0FFの方が良かったかな?と若干後悔して見たり・・・

 

エアコンフル回転の時期でなければ、街中でもスムーズに走る事は出来ますが、最近では余裕のある2000ccエンジンが良いなと思いますね(笑)

 

 

インプレッサスポーツでサーキット走行!インプレッサの限界走行は?

 

 

9月のとある走行会に参加して、栃木県にある日光サーキットをインプレッサスポーツ1.6i-L アイサイトAWDで走ってきました。

 

この日のためにタイヤだけ、心もとないグリップの純正タイヤから、ダンロップのディレッツァZⅢに履き替えて行きました。

 

このサーキットは、サーキット仕様のS2000で何十回と走っている勝手知ったるサーキットです。ちなみにS2000では39秒後半~40秒台で走っていました。

 

今回のインプレッサスポーツでは何秒出るのか?楽しみです。

 

事前の予想では、4WDなのでアンダーが強く曲がらないかな?と思っていましたが果たして・・・

 

 

インプレッサスポーツ1.6サーキット走行1本目 49.723秒

 

 

 

インプレッサスポーツで記念すべき1回目の走行は、「遅い・・・」でした。

 

トップの方から8.5秒遅れ、1周1キロのサーキットでこのタイム差は危険です。。

 

まず車に慣れていないので、走って走ってブレーキングポイントやパドルシフトの操作に慣れたい所ですが、後ろからどんどん車が迫ってくるので、避けるので精一杯でした。

 

ただ、車が遅すぎて思い通りに避けきれません。かなり邪魔をしたと思います・・・すいません。

 

とは言え車に慣れないといけないので、シフトポイントとブレーキングポイントを確認しながら、時間いっぱいまで走りました。

 

タイヤはハイグリップラジアルのディレッツァZⅢなので、グリップ力は高く、ブレーキも良く効きますし、コーナリングではインプレッサスポーツ1.6のエンジンパワーではスライドする事もありません。ド安定です。

 

 

しかしエンジンが遅すぎます。

 

コーナリングではタイヤのグリップにエンジンパワーが負けて加速していきません。

 

ノーマルの足なので、ロールも盛大(笑)。コーナリング中は視界が斜めに見えてました。大袈裟ですけどそれくらいロールが凄かったです。

 

ノーマルシートの3点シートベルトなので、体を支えるだけでも大変です。

 

コーナリング中はシートに体を預けるとシートの上に居られないので(シートから落ちそう)、両足とステアリングを握る腕で体を支えます。

 

サーキットを走るなら、バケットシートと4点式以上のシートベルトは必須ですね。。。

 

 

インプレッサスポーツ1.6サーキット走行2本目 48.439秒

 

 

 

走行2回目。やっぱり遅いです(笑)

 

シフトをマニュアルモードにして、自分でシフトアップをしていましたが、回転の上昇が遅くてタコメーターの針をいつまでも注視できず、レッドゾーンギリギリまで引っ張れません。

 

しかしシフトアップしないでいたら、車の方で勝手に許容回転数ギリギリでシフトアップしてくれました(笑)

 

「これは楽だ!」と言う事で、シフトダウンだけ自分で行い、さらに1速を多用する事で1本目よりもエンジンのパワーをフルに使えている感じです。それでも遅いですが。

 

こうして1本目よりも1秒以上タイムアップしました。

 

タイヤのグリップが高く、エンジンパワー&トルクが無いので、ステアリングを切れば即座に舵が効いて、車の向きを変えられます。

 

狙ったラインを走る事は出来るのですが、あまりステアリングをコジって曲げると、グリップの高いタイヤが抵抗になり、立ち上がりの加速が遅くなります。

 

ステアリングはあまり切らずに、タイヤが鳴かない程度のグリップで車を曲げて、タイヤを前へ前へ転がすように、なるべく抵抗にならないように走らせる必要がありそうです。

 

さらに1周の距離を短くするために、小回り&最短ルートで3本目は走ろうと思います。

 

 

インプレッサスポーツ1.6サーキット走行3本目 48.399秒

 

 

 

3本目は台数も少なくなり、後ろを気にせず目一杯走れました。

 

なるべくタイヤの抵抗を減らして、スムーズにタイヤを転がして、加速させる。

 

車速が遅く、ハイブリップタイヤでブレーキが良く効くので、ブレーキングポイントをギリギリまで詰める。

 

当日ベストの更新はしましたが、大幅アップとは行きませんでした。ブレーキはもっと詰められると思いますが、自分の腕ではもっと走りこまないと出来ないですね・・・

 

結果は参加台数中、圧倒的のビリでした(笑)。残念。

 

 

やはりインプレッサスポーツ1.6i-L アイサイトAWDは、公道を快適に安全に走れるように開発された車なので、サーキットは似合いませんね。

 

アイサイトは高速道路では本当に楽です。乗り心地も及第点、荷物もそこそこ積める、パワーは1.6だともう少し欲しい所ですが、雪道のAWDの走破性は高いレベルでしょう。

 

自動ブレーキやアクティブレーンキープなどの安全装備がある事で、安心感があります。

 

公道では本当によくできた車ですが、サーキットを走るなら、バケットシートと4点式シートベルトを入れて、適度に車高を落として足回りを固めて、それでようやく楽しく走れるのではないでしょうか。

 

ドノーマルのインプレッサスポーツ1.6i-L アイサイトAWDでのサーキット走行はおススメ出来ません(笑)

 

 

下取り車があるならインプレッサが安く買える

 

インプレッサスポーツを買うなら、購入価格も気になる所ではないでしょうか。

 

もし下取り車があるなら、インプレッサの新車値引き以上に、総支払額を下げる事も出来ます。

 

やり方は非常にかんたんなので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は信用してはいけない??

 

新車を買うとき下取り車があれば、多くのユーザーはディーラーで査定してもらうでしょう。

 

管理人も以前フィットシャトルを買い替えた時は、ディーラーで査定してもらいました。

 

ここで注意したいのは、「ディーラーの下取り金額は安く見積もられている」と言う事です。

 

なぜ安く見積もられるかと言うと、下取り車を安く取れれば新車の値引き分を回収できて、ディーラーには損がありません。

 

また、後々下取り金額をアップさせて「○○万円上乗せしたので、決めて下さい!」と新車契約のセールストークに利用したりします。

 

このように下取り金額を安く見積もる事があるので、初回のディーラーの下取り金額は話し半分に受け取っておきましょう。

 

 

ディーラーの下取り金額を適正相場まで引き上げる

 

ディーラーの下取り金額を引き上げるのは、難しくありません。

 

以前ディーラーに査定してもらった、管理人のフィットシャトルは76万円でした。

 

ここで、ディーラー以外に買取店の査定も検討しました。ディーラーの下取り金額が適正かどうか判断するためです。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算価格を教えてくれます。

 

 

査定

 

管理人のフィットシャトルは、ディーラーの76万円より20万円も高い相場でした。

 

ここで再度ディーラーへ訪問して、「買取店は96万円が相場と言ってましたよ?」と営業さんに伝えてみました。

 

営業さんは一瞬驚いた顔を見せましたが、すぐに奥へ引っ込み、上司と相談して出してきた新たな条件は、「今回は特別に買取店さんの96万円に合わせます」と言うものでした。

 

ただ、査定サイトで表示された概算価格をディーラーへ伝えただけで、20万円の下取り金額のアップに成功しました。

 

やはりディーラーは下取り金額を安く見積もる事があるんだなと、思いましたね・・・

 

 

ディーラーより高かった買取店の査定

 

下取り金額が20万円アップして、値引きも良かったのでそのままディーラーで契約をしました。

 

ただ、査定サイトで申し込んだ買取店の査定が残っていたので、「もしかしたら買取店へ売るかもしれません」とディーラーに伝えて了承してもらいました。

 

こうしておけば、ディーラーか買取店のどちらか高い方に売る事が出来ます。

 

新車契約の時に申し出れば、まず承諾してくれるでしょう。管理人は何度もやっていますが、断られたことはありません。

 

そして、納車前に買取店に査定してもらった結果は、さらにディーラーの下取り金額を上回るものでした。

 

その時の契約書です。

 

 

 

ディーラーの96万円よりさらに12万円高い108万円で買い取ってもらいました。

 

もし最初の76万円でディーラーに売っていたら、32万円も損したことになります。

 

買取店の査定を検討してホントに良かったと思いましたね。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

メーカー・車種・年式など1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算価格が表示されます。

 

「早く自分の車の相場を知りたい方」「ディーラーの下取り金額と比較したい方」にはお勧めのサービスです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

インプレッサスポーツの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのインプレッサスポーツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がインプレッサスポーツを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のインプレッサスポーツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>インプレッサスポーツ値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2006-2018 スバル インプレッサを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com