インプレッサスポーツTOPインプレッサスポーツ評価>インプレッサスポーツ人気グレードの比較

インプレッサスポーツの人気グレードを比較!リセールバリューから見るおすすめのグレードは?


※インプレッサスポーツの画像 出典subaru.jp

 

2016年10月にフルモデルチェンジしたばかりのインプレッサスポーツ。

 

スバル独自の運転支援システムも充実させて運転性能が向上しました。

 

ボディは5ドアハッチバックで、エンジンは新開発の2.0リットルガソリンと1.6リットルガソリンエンジンを搭載しています。

 

インプレッサスポーツの購入を検討する際に、価格、装備や安全性などを比較すると思います。

 

それぞれの項目について、色々なポイントを見ながらグレードを紹介します。また、インプレッサスポーツの各グレードのリセールバリューも紹介します。

 

 

 

 

インプレッサスポーツの価格が一番安いグレードは?


インプレッサスポーツ 1.6i-L アイサイト 2WD 1,922,400円


インプレッサスポーツの中で一番安いグレードは、1.6i-L アイサイト 2WDです。

 

一つ上のグレード2.0i-L アイサイト 2WDと比べて237,600円安い設定です。

 

この1.6i-L アイサイト 2WDを最低限のオプションで購入すれば、新車で一番安くインプレッサスポーツを買う事が出来ます。


では、いくらで買えるのかシミュレーションしてみましょう。

 

購入グレード インプレッサスポーツ 1.6i-L アイサイト 2WD
(アイスシルバー・メタリック)
車両本体価格 1,922,400円
装着オプション フロアカーペット
オプション金額
30,780円
諸費用・税金
101,740円
▲150,000円
支払総額
1,962,910円

※車両値引きは最新の値引きをご確認ください


オプションはフロアカーペットだけ付けてみました。

 

車両からの目標値引きを達成したと仮定して、支払総額は約196万円となりました。


フロアカーペットは、通販や店舗なら半額程度で購入できますので、さらに安くなります。

 

一つ上のグレードである2.0i-L アイサイトの車両価格は216万円ですので、およそ23万円高くなっています。

 

標準装備は違っていますが、1.6i-L アイサイトはリーズナブルな価格でインプレッサスポーツに乗る事ができます。

 

 

インプレッサスポーツ 1.6i-L アイサイトでは装着されない装備も

 

一つ上のグレード2.0i-L アイサイトと比べると、搭載エンジンが1.6リットルと差がありますが、装備でも差があります。

 

1.6i-Lでは以下の装備は標準装備ではなく、メーカーオプションとなっています。

 


○本革巻ステアリングホイール / シフトレバー

 

 

1.6i-L アイサイトはウレタン製です。

 

比較的滑りやすく、手が疲れてくる場合があります。

 

ハンドルは常に握っているので、できれば滑りにくさと触り心地を持つ本革にしておきたいものです。

 

シフトレバーも合わせて本革であれば、上質な雰囲気になります。

 

 

○キーレスアクセス&プッシュスタート

 

専用のキーを身に着けていたりバッグに入れておけば、ドアハンドルのセンサーに触れるだけでドアを開け閉めできます。

 

エンジンの始動もできるので、キーを探さずに済み非常に便利です。

 

キーが無くても、暗証コードを使って開け閉めできる機能もついています。

 


インプレッサスポーツの一番安いグレードでも標準で付いてくる装備は?

 

1.6i-L アイサイトには、最上位の2.0i-S アイサイトと同じ装備が標準で装着されている装備があります。

 

 

○クルーズコントロール

 

 

従来は一定速度で走行する機能だけで、前の車に追い付くとドライバーが中断したり追い越す必要がありました。


この装備は停止中から100km/hまでの範囲で作動し、前の車との車間距離をキープしながら追従して走行します。


前の車が停止すれば、自動でブレーキをかけて停止します。

 

前の車が走り出せば、スイッチかアクセルペダルを踏むだけで自動追従を再開、加速します。

 

加速感も4段階から選べるのは好印象です。


車間距離を保つので、ドライバーの疲労低減に効果的です。

 

 

○車線キープシステム(アクティブレーンキープ)

 

フロントガラスに設置したステレオカメラで走行車線を検知して、不用意に車線を越えそうな時にステアリング操作をアシストしてくれます。

 

約65km/h以上で作動し、ドライバーが車線変更する場合と区別されます。


また、クルーズコントロールを作動させている場合には、走行車線の中央を走行するようにハンドルを制御します。


運転で疲れても、事故防止に役立ちそうです。

 

 

○誤発進抑制

 

発進する時に、障害物があれば自動で誤発進を抑制します。

 

例えば駐車する時に前進でもバックでも作動し、ペダルを踏み間違えてしまった時など、もしもの時に安心な装備です。

 

 

○発進お知らせ機能

 

停止後に、前の車が発進したことを知らせる機能です。

 

走行中から停止し、前方の車が発進しても自分が発進しない場合にブザーが鳴ります。

 

 

○電動パーキングブレーキ

 

 

足で踏み込む、または手で上げ下げするレバー式とは違って、指先でスイッチ操作できる電動式です。

 

ブレーキの解除は、スイッチ操作以外にもアクセルペダルを踏むと作動します。パーキングブレーキの解除忘れもなくなります。


坂の途中で停車させた時は自動的にパーキングブレーキが作動、スバルならではの機能を採用しています。

 

 

○オートライト

 

周囲が暗くなってきた時に、自動でライトを点灯してくれます。

 

昼間にトンネルへ入ったときも自動点灯、消灯します。煩わしさがなく便利です。

 

さらに、点灯忘れがなくなりますので、夕暮れの薄暗い時に歩行者や対向車から気づかれやすくなります。

 

 

○雨滴感知オートワイパー

 

雨が降っている場合に、ワイパースイッチをONの位置にしておけば、雨の量によってワイパーを作動させる間隔を自動で変えてくれる装備です。

 

オートライトとセットで付きます。


このように、1.6i-L アイサイトでも十分に満足感・納得感がある装備が装着されているのではないでしょうか。

 

 

インプレッサスポーツの最上位グレードは?

 


インプレッサスポーツ 2.0i-S アイサイト AWD 2,592,000円


インプレッサスポーツの中で一番高いグレードは、2.0i-S アイサイト AWDです。


値引きも含めて2.0i-S アイサイト AWDはいくらで買えるのか?

 

一般的なオプションを付けてシミュレーションしてみましょう。

 

購入グレード インプレッサスポーツ 2.0i-S アイサイト AWD
(クリスタルホワイト・パール)
車両本体価格 2,592,000円
メーカーオプション クリスタルホワイト・パール
アドバンスドセイフティパッケージ
メーカーオプション価格 86,400円
ディーラーオプション フロアカーペット
ドアバイザー
リヤビューカメラ
パナソニックビルトインナビ
ナビ取付キット
ETCキット
ディーラーオプション金額 345,427円
諸費用・税金 193,930円
車両値引き ▲150,000円
オプション値引き(20%) ▲69,000円
支払総額 2,998,757円

※車両値引きは最新の値引きをご確認ください


上記の仕様でインプレッサスポーツ 2.0i-S アイサイト AWDの総支払額は約300万円となりました。


オプションがフロアカーペットのみのインプレッサスポーツ 2.0i-L アイサイト 2WDの総支払額と比べて、約104万円高くなりました。


ボディカラーは、クリスタルホワイト・パールとしています。

 

メーカーオプション価格の中に特別色の32,400円が含まれています。

 


インプレッサスポーツ 2.0i-S アイサイト AWDで人気の装備は?


では、一つ下のグレード2.0i-L アイサイト AWDとの主な装備の差を見てみましょう。

 

車両価格では216,000円の差があります。

 

 

○LEDヘッドランプ

 

 

1.6i-L アイサイトはハロゲンヘッドランプです。

 

LEDはハロゲンに比べると明るく見えて、夜間の視認性が良くなります。

 

ステアリングを切ると、切った方向へランプを照らす機能も付いています。


また、ウォッシャー液をヘッドランプへ噴射することができるので、雪道などで汚れても車外に出ることなくきれいにします。

 

 

○クリアビューパック

 

撥水加工フロントドアガラスやヒーテッドドアミラーなど、主に視界を確保する装備をセットにしています。

 

 

○アクティブ・トルク・ベクタリング

 

 

カーブを走行中に、車が外側へ膨らみにくくします。

 

ドライバーよりも同乗している人の方が横揺れを少ないと感じやすく、特に後席での疲労感が軽くなり快適性が向上します。

 

 

○225/40R18タイヤ / 18インチアルミホイール

 

 

アルミホイールは切削加工を施したデザインになっています。

 

ホイールサイズも大きく、他のグレードとは印象が明らかに異なるので重厚感があります。

 

 

○運転席 / 助手席8ウェイパワーシート

 

 

電動で無段階に細かくシート位置を設定できます。

 

電動式は上質なイメージになります。


1.6i-L アイサイトでは、シートリフター付きのマニュアル式です。

 


インプレッサスポーツ 2.0i-S アイサイト AWDのオプションで選べるおススメ装備は?

 

安全性装備でオプションとなっているものがあります。

 

アドバンスドセイフティパッケージと呼ばれ、2つの装備がセットになっています。

 

オプション価格は54,000円です。

 

 

○スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)

 

 

走行中に後ろから車が近づいてくると、センサーが検知。

 

サイドミラーに表示して警報を鳴らし、ドライバーへ注意するように知らせます。

 

見えにくい後方確認を補助してくれるので、後方安全性に役立ちます。


さらにバックする時も作動します。

 

駐車場からバックで出るときなど、前進よりも後方を確認しにくいため、この装備が安全確認を助けてくれるので安心です。

 

 

○ハイビームアシスト

 

 

ステレオカメラが光を検知して、前方に車がいるときはヘッドライトを下向きに、いない場合は上向きへ自動で切り替えてくれます。


ヘッドライトのスイッチを操作する面倒がありません。

 

相手に気兼ねせず、安全運転に集中できます。


このアドバンスドセイフティパッケージは、全グレードでメーカーオプションとなっています。

 

安全性や下取り時の査定価格を考えると付けておきたい装備です。


ただし、グレードによってはアドバンスドセイフティパッケージのみで装着できず、他の装備と合わせて装着する設定になっています。

 

例えば、1.6i-L アイサイトではクリアビューパックなどとセットにする必要があり、一番安くて216,000円の追加になります。


216,000円多くなると、一つ上のグレード2.0i-L アイサイトとほぼ同じ購入価格になります。


予算を取るか、安全性を取るか悩ましいところです。

 

 

インプレッサスポーツの燃費が一番良いグレードは?

 


インプレッサスポーツ 1.6i-L アイサイト 2WD 18.2km/L


インプレッサスポーツで一番燃費が良いグレードは、1.6リットルエンジンの1.6i-L アイサイト 2WD車です。

 

カタログ燃費は18.2km/Lとなっています。


メーカー発表のカタログ燃費とは別に、ユーザーが購入するときに気になるのは実際に走行した実燃費でしょう。


インプレッサスポーツ 1.6i-L アイサイト 2WDの平均実燃費は、約14.2km/Lとなっています。

 


インプレッサスポーツ 1.6i-L アイサイト 2WDはガソリン満タンで何キロ走る?


インプレッサスポーツ 1.6i-L アイサイト 2WDの燃料タンクは50Lです。

 

インプレッサスポーツの取扱い説明書では、残り9Lになると残量警告灯が点灯するので、ガソリン残量5Lまで走行したと仮定します。


すると、平均実燃費で走行できる距離は、


50L-5L=45L
45L×実燃費14.2km/L=639km


インプレッサスポーツ 1.6i-L アイサイト 2WDは、満タンでおよそ639km走る計算になります。高速道路では燃費が上がる傾向なので、無給油で東京~大阪間を移動できる計算です。

 


インプレッサスポーツの燃費が一番悪いグレードは?


インプレッサスポーツ 2.0i-S アイサイト AWD 15.8km/L


インプレッサスポーツの中で一番燃費の悪いグレードは、2.0i-S アイサイト AWDです。


エンジンの排気量が大きいこと、車両重量が100㎏程度重いこと、AWDのため駆動系部品が2WDより多く4輪を駆動させることが燃費を落としているようです。

 

 

2.0i-S アイサイト AWDのガソリン満タンで走れる走行距離は?


インプレッサスポーツ 2.0i-S アイサイト AWDの平均実燃費は、12.4km/Lです。


ガソリンタンクは50Lなので、タンク内に5L残るまで走行した場合、45Lで走れる距離558㎞が満タンで走れる走行距離となります。


45L×12.4km/L=558㎞

 


インプレッサスポーツの自動ブレーキのあるグレードは?

 


自動ブレーキは、すべてのグレードに標準装備されています。

 

スバルは、アイサイトという装備が搭載され、室内のバックミラー付近にステレオカメラが設置されています。

 

歩行者や自転車はもちろん、車のブレーキランプや道路の車線も認識します。


アイサイトが危険を検知した場合は、警報を鳴らし自動でブレーキを制御します。

 

停止後は、自動で電動パーキングブレーキを作動させます。


ドライバーの疲労が軽くなりますし、非常に便利です。


この他に、誤発進を抑制してくれたり、走行中にふらつきや車線からはみ出したりすると警報が鳴るシステム(アクティブレーンキープ)もセットになっています。

 

 

インプレッサスポーツのスポーツ / エアロタイプのグレードは?

 


インプレッサスポーツでは、スポーツグレードや標準でエアロパーツが付いているグレードはありません。


ノーマルからスポーティなエクステリアに替えたい場合は、オプションパーツを装着する事になります。


そのパーツは、STIフロントアンダースポイラー、STIサイドアンダースポイラー、STIリヤサイドスポイラー、STIトランクリッドスポイラーです。


色は艶消しブラックで塗装されています。

 

トランクリッドのみボディカラーに採用されているクリスタルブラック・シリカ塗装となっています。

 

ボディラインと一体感があり、ノーマルとは異なる迫力のあるエクステリアになります。


STIフロントアンダースポイラー 47,520円
STIリヤアンダースポイラー 68,040円
STIリヤアンダースポイラー 44,280円
STIトランクリッドスポイラー 45,360円


このSTIパーツは、モータースポーツ専用にチューニングするSTI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL)が開発しました。

 

インプレッサスポーツ以外では、パーツではなくSTI専用グレードが設定されているモデルもあります。

 

 

インプレッサスポーツのエコカー減税額が一番多いグレードは?


エコカー減税額が一番多いグレードは、インプレッサスポーツ 2.0i-L アイサイト AWD車です。

 

自動車重量税は25%、取得税は20%が減税されます。


自動車グリーン税制は、減税の対象外です。

 

2.0i-L アイサイト AWD
・自動車重量税 5,700円
・自動車取得税 11,900円
エコカー減税合計 17,600円


インプレッサスポーツ 2.0i-L アイサイト AWDでは、17,600円が減税されます。


逆に、エコカー減税が一番少ないグレードは1.6i-L アイサイト 2WDです。15,300円が減税されます。


購入する時にエコカー減税額が判断材料の一つになると思いますが、グレードの差は比較的小さくなっています。

 

 

インプレッサスポーツの売れ筋のグレードは?

 


インプレッサスポーツ 2.0i-L アイサイト AWD 2,376,000円


インプレッサスポーツの一番の売れ筋グレードは2.0i-L アイサイト AWDです。

 

このグレードは、インプレッサスポーツのおよそ25%を占めています。

 

2WDよりもAWDが人気です。

 

ボディカラーを見ると、一番の人気はクリスタルホワイト・パールでおよそ30%、アイスシルバー・メタリックがおよそ25%となっています。

 

この2色で全体の半分を占めています。次に人気があるボディカラーはクリスタルブラック・シリカで、約10%です。

 


インプレッサスポーツ 2.0i-L アイサイト AWDはいくらで買える?


では、売れ筋のインプレッサスポーツ 2.0i-L アイサイト AWDはいくらで買えるのか?

 

値引きも含めてシミュレーションしてみましょう。

 

購入グレード インプレッサスポーツ 2.0i-L アイサイト AWD
車両本体価格 2,376,000円
メーカーオプション クリスタルホワイト・パール
LEDヘッドランプ
クリアビューパック
メーカーオプション価格 91,800円
ディーラーオプション フロアカーペット
ドアバイザー
リヤビューカメラ
パナソニックビルトインナビ
ナビ取付キット
ETCキット
ディーラーオプション金額 345,427円
諸費用・税金 170,630円
車両値引き ▲150,000円
オプション値引き(20%) ▲69,000円
支払総額 2,764,857円

※車両値引きは最新の値引きをご確認ください


選択するオプションによって総額は変わりますが、上記の仕様でインプレッサスポーツ 2.0i-L アイサイト AWDの総支払額は約276万円となりました。

 

一つ下のグレード 1.6i-L アイサイト AWDより約23万円高く、一つ上の2.0i-S アイサイト AWDよりは約21万円安い価格設定です。

 

1.6i-L アイサイトでは装着されていない、本革巻ステアリングホイール / シフトレバー、キーレスアクセス&プッシュスタート、左右独立温度調整機能付フルオートエアコンなどが標準装備となっています。

 

 

買取相場から見るインプレッサスポーツのおすすめグレードは?

 

グレードによって、数年後のインプレッサスポーツの買取相場は変わります。

 

ここでは、3年後のインプレッサスポーツのリセールバリューから見るおすすめのグレードを紹介します。

 

 

新車から3年落ちのインプレッサスポーツのリセールバリューは?

 

新車登録から3年経過後のインプレッサスポーツの各グレードのリセールバリューです。

 

グレード名 買取相場 新車時価格 3年後のリセールバリュー
1.6i-L

124万円

171.1万円

72.4%

2.0i 135万円 185.8万円

72.6%

2.0i-S 154万円 201.6万円

76.3%

1.6i-L(4WD) 137万円 192.1万円

71.3%

2.0i(4WD) 138万円 208.9万円

66.0%

2.0i-S(4WD) 162万円 224.7万円

72.0%

 

新車から3年経過時のインプレッサスポーツのリセールバリューです。

 

2.0i(4WD)のリセールだけ70%を切っていますが、他は3年経過で70%以上の高いリセールバリューを維持しています。

 

 

リセールバリューから見るインプレッサスポーツのおすすめグレードは?

 

新車から3年経過したインプレッサスポーツのリセールバリューから見るおすすめのグレードは、「2.0i-Sアイサイト」です。

 

一番リセールバリューの高い2.0i-Sアイサイトが、売却時に高く売れるおすすめのグレードになります。

 

ただ、その他のグレードでも軒並み70%以上のリセールを維持しているので、駆動方式も含めお好みでグレードを選んでも問題ないでしょう。

 

同等のリセールバリューなら、初期費用が低い方が売却時の損失額が少なくなるので、初期費用が安く収まる車両本体価格の安いグレードを選んでも良いでしょうね。

 

 

リセールバリューで得するおすすめのカラー&装備は?

 

インプレッサスポーツで売却時に高く売れるボディカラーは、「クリスタルホワイトパール」「クリスタルブラックシリカ」です。

 

インプレッサはシルバー系の色も人気で新車で良く売れますが、売却時に高く売れるのは上記の2色です。他色と比べて15~20万円前後は高く売れる可能性が高いでしょう。

 

 

下取り車があるならインプレッサが安く買える

 

インプレッサスポーツのグレードを検討したら、購入価格も気になる所ではないでしょうか。

 

もし下取り車があるなら、インプレッサの新車値引き以上に、総支払額を下げる事も出来ます。

 

やり方は非常にかんたんなので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は信用してはいけない??

 

新車を買うとき下取り車があれば、多くのユーザーはディーラーで査定してもらうでしょう。

 

管理人も以前フィットシャトルを買い替えた時は、ディーラーで査定してもらいました。

 

ここで注意したいのは、「ディーラーの下取り金額は安く見積もられている」と言う事です。

 

なぜ安く見積もられるかと言うと、下取り車を安く取れれば新車の値引き分を回収できて、ディーラーには損がありません。

 

また、後々下取り金額をアップさせて「○○万円上乗せしたので、決めて下さい!」と新車契約のセールストークに利用したりします。

 

このように下取り金額を安く見積もる事があるので、初回のディーラーの下取り金額は話し半分に受け取っておきましょう。

 

 

ディーラーの下取り金額を適正相場まで引き上げる

 

ディーラーの下取り金額を引き上げるのは、難しくありません。

 

以前ディーラーに査定してもらった、管理人のフィットシャトルは76万円でした。

 

ここで、ディーラー以外に買取店の査定も検討しました。ディーラーの下取り金額が適正かどうか判断するためです。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、自分の車の概算価格を教えてくれます。

 

 

査定

 

管理人のフィットシャトルは、ディーラーの76万円より20万円も高い相場でした。

 

ここで再度ディーラーへ訪問して、「買取店は96万円が相場と言ってましたよ?」と営業さんに伝えてみました。

 

営業さんは一瞬驚いた顔を見せましたが、すぐに奥へ引っ込み、上司と相談して出してきた新たな条件は、「今回は特別に買取店さんの96万円に合わせます」と言うものでした。

 

ただ、査定サイトで表示された概算価格をディーラーへ伝えただけで、20万円の下取り金額のアップに成功しました。

 

やはりディーラーは下取り金額を安く見積もる事があるんだなと、思いましたね・・・

 

 

ディーラーより高かった買取店の査定

 

下取り金額が20万円アップして、値引きも良かったのでそのままディーラーで契約をしました。

 

ただ、査定サイトで申し込んだ買取店の査定が残っていたので、「もしかしたら買取店へ売るかもしれません」とディーラーに伝えて了承してもらいました。

 

こうしておけば、ディーラーか買取店のどちらか高い方に売る事が出来ます。

 

新車契約の時に申し出れば、まず承諾してくれるでしょう。管理人は何度もやっていますが、断られたことはありません。

 

そして、納車前に買取店に査定してもらった結果は、さらにディーラーの下取り金額を上回るものでした。

 

その時の契約書です。

 

 

 

ディーラーの96万円よりさらに12万円高い108万円で買い取ってもらいました。

 

もし最初の76万円でディーラーに売っていたら、32万円も損したことになります。

 

買取店の査定を検討してホントに良かったと思いましたね。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

メーカー・車種・年式など1分程度の入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算価格が表示されます。

 

「早く自分の車の相場を知りたい方」「ディーラーの下取り金額と比較したい方」にはお勧めのサービスです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

インプレッサスポーツの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのインプレッサスポーツ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がインプレッサスポーツを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のインプレッサスポーツの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>インプレッサスポーツ値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2006-2018 スバル インプレッサを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com